ケータイ憲法 掲示板

219236
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

憲法施行70周年おめでとうございます。 - 藤岡 誠

2017/05/03 (Wed) 06:44:00

おはようございます。
憲法施行70周年おめでとうございます。
70年が経つのですが、その若々しさが際立っていることは、頼もしい限りです。しかし、そのことは同時に現実の日本がそこに至っていないということで、残念にも思います。また、9条をないがしろにする戦争法や、国民の権利を侵害する共謀罪法案の動きなど、憲法の精神に逆行する動きもあります。
根拠もなく、憲法改正に「機は熟した」とうそぶくバカもいます。北朝鮮の状況を持ち出し、戦争前夜を演出しながら危機感を煽るやり方には、怒りも覚えます。
そんな中にあっても、国民の憲法への信頼感は、日々増すばかりです。現行憲法が「日本にとってよかった」という回答が89%にも上るという世論調査もあるようです。
「憲法を守ろう」は当たり前ですが、「憲法を実現させよう」という動きが必要です。私は、すべての国民が憲法を良く知り、身の周りの様々なことがそれに至っていないことを知ってほしいと思います。そして、憲法ではなく、憲法に反する現実を変えていく運動が広がることを望みます。

【 原子力規制庁 前長官 池田克彦、川内原発の再稼働を許可。審査の適正さが疑われる件 】 - 埼玉 URL

2017/01/20 (Fri) 20:51:27








原子力規制庁 前長官 池田克彦。

埼玉県警察 本部長 在任時に、埼玉県警察学校長が、前任の校長による業務上横領を報告し、処分を求めた。

しかし、県警上層部と共に、これをことごとく無視。
県警最高幹部による重大な不正を正さない人物。
再稼働審査の適正さが疑われる。

【 埼玉県警察学校 校長 小河進 副校長 岩淵敏雄 が業務上横領 】
http://blog.livedoor.jp/saitamalvdoor/archives/8291218.html

【 本部長 】

2004年4月~2005年8月 埼玉県警察 本部長 警視監 池田克彦
2005年8月~不明 埼玉県警察 本部長 警視監 加地正人

【 警務部長 】

2005年3月~不明 埼玉県警察 警務部長 警視正 牛嶋正人
(就任後、警視長に昇任か?)

【 主席監察官 】
2005年3月~不明 警務部参事官 兼 主席監察官 兼 監察官室長 警視 伊藤茂
(2005年4月1日 警視正 昇任)

【 埼玉県警察学校 校長 】

2002年9月~2004年3月 朝霞警察署 署長 警視 小河進
2004年3月~2005年3月 埼玉県警察学校 校長 警視正 小河進 業務上横領
2005年3月~2006年3月(退職) 交通部長 警視正 小河進

【 埼玉県警察学校 副校長 】

2002年9月~2003年9月 越谷警察署 副署長 警視 岩淵敏雄
2003年9月~2005年3月 埼玉県警察学校 副校長 警視 岩淵敏雄 業務上横領
2005年3月~2006年3月 羽生警察署 署長 警視 岩淵敏雄
( 2006年3月~2007年3月 羽生警察署 署長 警視 鷲平保雄 )
2006年3月~2007年9月 装備課長 警視 岩淵敏雄
2007年9月~2009年10月(退職) 警務部理事官 兼 監察官 兼 第三方面本部副本部長 警視 岩淵敏雄

【 埼玉県警察学校 庶務・厚生担当事務官 】
庶務・厚生担当事務官(警部級)は、内田義昭か? 

~2001年3月 厚生課 事務吏員 内田義昭
2001年3月~2003年3月 鴻巣警察署 会計課長 事務吏員 内田義昭
2003年3月~2005年3月 警察学校 校長補佐 事務吏員 内田義昭
2005年3月~2007年3月 運転免許課 課長補佐 事務吏員 内田義昭
2007年3月~2011年3月 交通機動隊 隊長補佐 内田義昭
2011年3月~2016年3月(退職) 秩父警察署 会計課長 内田義昭


12月6日 さいたま県警の元幹部でさいたま市警察部長(警視正)まで務めた警察OBの田中三郎氏(60歳)が、埼玉県県政記者クラブで記者会見を行って、元埼玉県警察学校長等 を 業務上横領の疑いでさいたま地検に告発したことを明らかにした。
 
記者会見には、「明るい警察を実現する全国ネットワーク」の代表で田中氏の代理人である清水勉弁護士と同ネットワークの会員で「市民の目フォーラム北海道」代表の原田宏二が同席した。
 
埼玉県警察学校の学生と教職員の任意団体「校友会」が、構内の売店業者から売上金の3%を「助成金」名目で上納させていたが、告発状によると田中氏の前任だった平成16年当時の校長(警視正 既に退職)は、庶務・厚生担当事務官(警部級)に「助成金は、当時の副校長(警視)に渡すよう」に指示し、平成16年4月から12月までの間の「助成金」計約125万円を「校友会」の出納帳に記載せず、
当時の校長や副校長ら3人が着服したとしている(告発状はPDF参照 http://www.ombudsman.jp/fswiki/wiki.cgi/akarui?action=PDF&page=%BA%EB%B6%CC%B8%A9%B7%D9%BB%A1%B3%D8%B9%BB%A1%A1%B9%F0%C8%AF%BE%F5 )。

警察学校長に着任して、犯罪を取り締まる警察官のイロハを教えるところである警察学校に不正経理があることを知り愕然とするとともに、警察幹部として求められるルールに従って、警察本部長(警視監~キャリア)、警務部長(警視長~キャリア)等の県警上層部に報告したが、ことごとく無視され、改めて警察の自浄能力の無さと隠蔽体質を知らされる。

 田中氏は、こうした県警上層部の態度は、警察改革に逆行するものであると考えた。

 そして、警察が自浄機能を発揮することが無理ならば、本件事案の真相を明らかにする唯一の手段は司直の手にゆだねる以外にないとの結論に達し、平成20年の定年退職を待たず、職を退いた上で告発をすることにした。

 以下、田中氏の説明や当時の新聞報道からその経緯を追ってみよう。

1 使途不明金を知った経緯について

 警察学校では、平成17年3月22日付けの人事異動で、校長、副校長のほか、新設された庶務・厚生担当調査官(警視級)が新たに配置となり、庶務・厚生担当課長補佐(警部級)も交代となったことから、引継ぎ書類の点検や所掌業務の把握の過程で、使途不明金の存在が判明した。

 また、田中氏と前校長(元警視正、既に退職、被告発人)との事務引継ぎが警察学校校長室で行われた際、校内の売店から「助成金」を受け取っていることを知り、国家公務員倫理法で利害関係者からの金銭等の授受が禁止されていることもあり、田中氏は警察学校内で売店を営む業者から金銭の提供を受けることがあってはならないと判断し、早急に是正することを決意し、即刻、売店業者からの「助成金」の提供を辞退したという。

2 田中氏が講じた措置等

 田中氏の説明によれば、当時、警察学校長として、次のような措置を講じたという。

(1) 校友会の収入金については、前記の使途不明金を除き、いずれも校友会収入として金銭出納帳に記載され、いずれも支出の経緯及び領収書等の証拠書類が保管されていることなどから、単に帳簿記載上の単純ミスではなく、上級幹部がかかわる非違事案に発展する疑いが認められた。

(2) 本件事実を認知した後の平成17年3月下旬に、学校長から非違事案を調査する首席監察官(警視正)に電話速報するとともに、副校長等が同年7月末までに、少なくても4回にわたり、関係書類を本部に持参して事実関係を報告したほか、学校長自らが警察本部長、警務部長ほか関係部課長に口頭報告を行い、事実関係の調査を依頼した。

 しかし、その後においても、本部の対応が不明であったことから、平成17年9月26日、首席監察官に調査状況を確認したところ「上司の指示でそのままにしてある」との回答があったため、このままでは、後々県警の対応について非難を受けるおそれが懸念されたことから、再度、県警として適切な措置をとるように要求した。

 その過程で「これを調査したら北海道警のようになってしまうが、それでもいいのか」と詰め寄られる場面があったという。

  さらに、平成17年10月25日に、8月12日付けで交替した新警察本部長に対して事案の概要を報告したが、その後においても本部の調査の進捗状況は不明のまま推移した。


埼玉県警 不祥事
https://twitter.com/saitamatwitt

明けましておめでとうございます。 - 藤岡 誠

2017/01/01 (Sun) 08:25:45

新年明けましておめでとうございます。
今年は、とり年ですね。9タローも九官鳥から生まれたので、「とり」として頑張ってもらいたいと考えています。
アベ政権は、マスコミの擁護もあり、広範な国民の批判にも関わらず、居座っています。昨年は、カジノができる法律も成立させてしまいました。
今年は、国民の願いや要求を結集して、アベ政権に終止符を打ち、平和で希望あふれる日本を目指しましょう。

一人一人が力を出して9条を守らなければ - 山崎 喜代美

2016/10/19 (Wed) 06:22:11

 ご無沙汰いたしております。お元気で、ご活躍のことと存じます。
 私は参院選挙の後、両院で改憲勢力で会見勢力が3分の2を占めることになり、がっかりしました。
今回の参院選では、シールズやママの会など若い人達が立ちあがり、野党統一候補の勝利もありました。が、やっぱり選挙では自民党が、大阪では維新が勝つんだと落ち込んでしまいました。
 10月15日、熊取・9条の会で小森陽一さんの講演を聞きました。一人一人が力を出して9条を守らなければと、あらためて思い、ちょっと元気になりました。
 小森さんは、近代日本文学の専攻なので、次は夏目漱石の講演に呼んでくださいとおっしゃり、漱石の話も、ぜひ聞きたいと思って帰ってきました。
 2016.10.17

Re: 一人一人が力を出して9条を守らなければ - 藤岡 誠

2016/10/19 (Wed) 06:34:08

 こちらこそご無沙汰しております。
 熊取に住んでおりながら、小森陽一さんの講演を聞きに行けなかったことを大変残念に思います。行っておれば、山崎さんともお会いできたと思うと、なおさら残念です。
 選挙の話では、新潟知事選挙が私たちに勇気を与えてくれますね。原発という特別な事情があったにせよ、野党が協力できれば、自公の押す候補者を破ることができるのです。今、アベ政権が改憲を狙っている中、私たちの運動の弾みになるのではないかと思います。
 これからも山崎さんのご活躍を期待しています。私も、遅くなってしまった子育てが終わり次第合流できるものと思います。

「戦争法案」が成立してしまいましたね。 - 山崎 喜代美

2015/10/03 (Sat) 05:00:20

 「戦争法案」が成立してしまいましたね。最後は数の力で押し通すとは思っていましたが、やっぱりがっかりしました。
 遠くへは行けませんでしたが、岸和田、貝塚の反対集会・パレードに参加しました。
 参議院で強行採決の後、衆議院で採決される前に、りんくうタウンでの抗議行動に参加しました。人通りが多く、もっとビラを受け取ると思ったのですが、歩きスマホの人や、知らん顔の人も多かったです。勿論「私も反対や!」と声をかけてくれる人も何人かいました。外国の方も大勢歩いていました。
 反対行動の広がる中で、シールズの学生さんや子育て中のママの参加は、将来に希望が持てました。私もあきらめずに機会があるごとに周りの人に反対を訴えていこうと思っています。
 2015.10.1

Re: 「戦争法案」が成立してしまいましたね。 - 藤岡 誠

2015/10/03 (Sat) 05:38:47

 あきらめないことが大切ですよね。私は、採決後の19日に管理人掲示板等に「今後、私たちは、日本を5月14日の閣議決定以前の状態に戻すための一点で団結し、国会で多数を占める運動をする必要があるのではないでしょうか。」と訴えました。そうしたら、それに応えるように、その日、日本共産党が「戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府」の実現をよびかけました。私と同じ考えの人が、全国に大勢あったということでしょう。
 先の選挙では自民党は、安保問題を隠すことで勝利しました。しかし、今後の選挙で、彼らが「戦争法」を隠すことはできません。それは、国民が許さないからです。国民の中には「2度と騙されない」という思いが広がっているのではないでしょうか。
 一方、国民の中には、民主党にも「騙された」という思いも残っています。彼らと共に闘うことが得策なのか、首をかしげる方もあるかも知れません。しかし、現在の選挙制度のもと、選挙協力は仕方ないことなのです。
 これが成功すれば「国民連合政府」ができるかも知れません。この連合政府に共産党が入閣するかどうかは関係ありません。私は、「戦争法」が廃止されたあかつきには、速やかに解散総選挙を行うことを求めたいと思います。これも国民との約束にしてもらいたいと考えているのです。
 今後、いかに「戦争法」廃止に純化させた運動にしていくかが鍵です。支持率が上がる中で、あれもこれもと考え出すと失敗します。「私は戦争法廃止以外はやりません」くらいの勢いで選挙に臨んでもらいたいと思うのです。

「憲法9条」は、「宮城」の語呂合わせに過ぎなかった。 - ねこ

2015/09/16 (Wed) 07:55:35

「憲法9条」は、「宮城」の語呂合わせに過ぎなかった。

http://book.geocities.jp/conspiracycalendar/02/d/10/1007.html#1946

http://book.geocities.jp/japans_conspiracy/02/p004.html#page41

結局、日本国憲法は、「和歌」と「川柳」の合作以外の何物でもなく、

天皇一族が国民を相変わらず愚弄(ぐろう)していることは間違いない。

これが古代から一貫して続く日本の伝統だった。

しかも、先週末これを発見し、分析・検証を始めると、

大相撲で横綱白鵬が2連敗で「休場」。またもや語呂合わせで馬鹿にしているとしか思えない。

(仮説を含む)

( http://park.geocities.jp/j_con4/0104/p048.html )

訃報 - 藤岡 誠

2015/07/24 (Fri) 06:38:35

 「九条の会」呼びかけ人である哲学者の鶴見俊輔さんが亡くなられたと報じられています。93歳とご長命ではありましたが、残念なことです。ご冥福をお祈りします。
 呼びかけ人がまた欠けたのですが、「九条の会」を呼びかけた彼らの思いは、今「戦争法案」を反対する若者へと引き継がれています。東京だけではありません。全国津々浦々で「戦争法案」反対の集会が開かれ、デモが行われています。この勢いを止めることはできません。止まるのは「戦争法案」の方になることでしょう。そうなれば、鶴見さんの思いが叶ったと言えるのではないでしょうか。

「何か行動しなければ」と思って行きました。 - 山崎 喜代美

2015/06/13 (Sat) 05:12:47

 安倍内閣は、安保政策を転換させる為、安全保障法制の関連法案を国会審議へかけています。先日3人の憲法学者が「憲法違反」と指摘したことで、少しスッとしました。
 6月7日(日)扇町公園で開かれた大阪弁護士会主催の ~なし崩しの海外派兵を許すな~ の集会に参加しました。社会学者の上野千鶴子氏はじめ発言者の話も良かったです。仕事をやめてから、こんな集会に参加したのは初めてです。「何か行動しなければ」と思って行きました。足の具合が悪く、パレードに参加できず残念でした。
 今が一番大事な時ではないでしょうか。何としても「戦争法案」は廃案にしなければなりません!
    2015.6.10

Re: 「何か行動しなければ」と思って行きました。 - 藤岡 誠

2015/06/13 (Sat) 05:39:36

 ご投稿有り難うございます。
 お身体がご不自由な中、集会に参加されたことに敬意を表します。私は、組合役員でなくなってからは、あまり集会等に参加できていません。
 「今が一番大事な時」ということですが、私は「峠を越えてしまったのではないか」と少し悲観的になっています。泉佐野市では、自衛隊の訓練に参加し、その様子を広報にまで掲載した千代松市長を再選してしまいました。国民市民が、戦争への道に一歩踏み出してしまっているのではないかと恐ろしく感じています。
 私は、私たちが全体としてどういう道を歩み始めたのか、警告することだけは続けていきたいと思います。

仏教から憲法9条を考える - 藤岡 誠

2015/01/09 (Fri) 07:25:37

仏教から憲法9条を考える

語る人:杉浦敏雄さん
    真宗大谷派光秀寺住職
    和歌山県宗教者平和協議会事務局長
日時:1月31日(土)1:30~
場所:熊取図書館ホール

「あの戦争に仏教が果たした役割、そして、それへの反省から今、仏教者として果たすべき役割について考えてみたいと思います。」

主催:九条の会・くまとり

勿論、集団的自衛権の行使容認には反対です!と1枚1枚書いています。 -  山崎 喜代美

2014/12/18 (Thu) 16:13:36

 ご無沙汰いたしております。今年も残り少なくなりましたね。思ってもいなかった選挙がおこなわれ、予想されたように、自公が多数となりました。これで集団的自衛権の法整備や憲法改正へと速度をあげることでしょう。投票率が戦後最低だったのも心配です。無関心な人が増えてけば、民主主義も崩壊していく気がします。沖縄の全4区で自民党が敗れ(比例区で復活していますが)、批判票で共産党が躍進していても気持ちが沈んでいます。
 それでも気を取りなおして、大好きなエルヴィスのクリスマスソングを聞きながら賀状を書いています。勿論、集団的自衛権の行使容認には反対です!と1枚1枚書いています。
 今年は大変お手数をおかけしました。来年もどうか憲法を守るためご活躍なさって下さい。それでは良いお年をお迎え下さいませ。 2014.12.17

Re: 勿論、集団的自衛権の行使容認には反対です!と1枚1枚書いています。 - 藤岡 誠

2014/12/18 (Thu) 16:26:52

いつもご投稿いただき有難うございます。
選挙の結果には色々な見方があると思いますが、山崎さんの意見にはうなずかされました。共産党が躍進したので、大喜びしている人たちも大勢いらっしゃると思いますが、投票率が低い中での躍進では、喜んでいられませんね。「集団的自衛権や特定秘密保護法などが大きな争点になり、高い投票率のもと自公が半数を割った」という状況が作り出せなかったことは残念です。
今年は山崎さんのおかげで、掲示板等を続けることができました。大変感謝しています。来年もどうぞよろしくお願いします。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.